脂肌化粧品 スキンケア

脂性肌のスキンケア

脂肌、脂性肌を別名、オイリー肌ともいいます。脂性肌とは、お肌にベタつきや・テカリなどが感じられ、お肌の場所によっては、赤らめたり、ぶつぶつ(発疹)ができたりすることもあります。(赤らめたり、ぶつぶつができるほどな場合は結構ひどい脂性肌であったりもします)

 

ただ、脂性肌も乾燥肌と一緒で個人差があります。主に、20代から30代が脂性肌のピークとも言われています。また、顔以外にも頭皮、身体(背中、胸など)も脂性肌になります。40代からは皮脂の減少がみられます。

 

洗顔後、入浴後にすぐにベタついたり、テカる場合、脂性肌の可能性が高いです。また、女性ならば、化粧崩れが激しい(頻繁に化粧が崩れる、化粧をしてもベタつくなど)場合、脂性肌です。男性なら、頭皮がベタつく・痒みがある・顔がベタつくなどの場合は脂性肌です。

 

脂性肌になった場合、皮膚ににきび・発疹ができたりしやすくなります。20代から30代が皮脂ができやすいのと同時に、にきび(大人にきび、ともいいますよね)ができやすくなります。40代からは皮脂が減少してくるので、にきびができたりする人が少ないですよね。(ただ、個人差があります)また、脂性肌と乾燥肌は全く関係性がないのか?といいますと・・・むしろ、脂性肌と乾燥肌は関係性が強いと言われています。乾燥肌にも脂性肌にも1ついえることは、「保湿」です。過度の保湿や添加物が多い保湿が原因→脂性肌。保湿不足や美容液の入っていない(意味のない保湿)保湿→乾燥肌。大まかにはこのような感じです。

 

 

また、脂性肌の大きな原因にあげられているのは、食生活や生活習慣、スキンケアの間違いが多いと言われています。

 

脂性肌だからといって、皮脂をとるために、ゴシゴシ洗顔をしていませんか?
脂性肌だからといって、刺激物の入った美容液・洗顔料を使っていませんか?

 

また、食生活ではバランスの良い食事をがけていますか?・・・といったようなことがあげられます。
特に、洗浄力の強い洗顔料は脂性肌にとって逆効果で悪化につながります。洗顔料や化粧水などスキンケア品は低刺激で、添加物の少ないものを選んで使用してください。そして、洗顔に関しては、ゴシゴシ洗いは絶対にやめてましょう。ゴシゴシ洗うのは、皮脂をとっているのではなく、お肌を刺激して皮脂を増やしているのと一緒なのです。なので、洗顔料は充分に泡立てて、優しくなでるようにしましょう。「優しく・優しく」が大切です。

 

脂性肌の時は、化粧品もスキンケア品もお肌の負担の少ないものを選んでください。乾燥肌と一緒で保湿が大切なので、保湿をしっかりと行いましょう。ただ、クリームや乳液より、セラミドやNMF(天然保湿因子)成分配合の美容液を使うといいでしょう。また、脂性肌には「入浴」が良いと言われています。入浴をしっかり行いましょう。湯船の温度は40度前後がおすすめです。(あまりにぬるかったり、あつすぎは、皮脂を作り出し、脂性肌が悪化します)
そして、半身浴でゆっくり全身をあたためます。長時間の入浴はよくないので、15分程度で充分です。半身浴でゆっくり暖めた身体は毛穴が開きます。毛穴がひらいたら、たくさんの泡で優しく身体・顔・頭皮を洗いましょう。そして、入浴後はすぐに、保湿しましょう。すぐによくなる・・・というのは難しいかもしれませんが、何度も続けてみてください。続けることと確かな知識が大切です。
夏場は日焼けを避けましょう。日焼けをすることによって、お肌が乾燥すると同時に、油分の分泌が促進します。夏場は低刺激の日焼け止めを塗るようにしてください。もしも、日焼けをした場合はすぐに冷やし、そして保湿をしてください。日焼け=火傷と一緒です。日焼けをして良いことはないので、日焼けからお肌を守ってください。
脂性肌は、自分自身が原因であることが多いのですが、自分自身で治すことができます。
前向きに向き合い、生活習慣やスキンケアなどを見直してみてくださいね。どこかで、脂性肌になる原因があるかもしれません。自己判断がつかない場合、専門家の方(美容部員、皮膚科など)に相談してください。また、自分で調べ知識をつけるのも1つの方法だと思います。まずは、放置せずに向き合い、見直すことから始めましょう。

 

 

>>人気の基礎化粧品は、こちら<<